【2019年最新版】おすすめの在宅ワーク10選 | みんながやってる在宅ワークをランキングにまとめてみました【スマホで副収入を得る】

仕事・働き方

2019年、在宅ワークをしたい方ってとても増えていて、今や200万もの多くの人が在宅ワークをする時代です。

※在宅ワークはテレワークとも呼ばれていますが、本記事では「在宅ワーク」で呼びます。

環境はそれぞれあり、「子供の面倒や家庭の事情で家から出られない人」「通勤や通学がなく家でできる仕事をしたい人」まで、在宅ワークが新しい働き方として注目されています。

社会人として週5日、会社に出勤して得られる収入を家にいながら得られたら、そんな良い事はありませんよね。しかし、最新の在宅ワークにはそれができるだけのメリットがあるんです。

そんな在宅ワークですが、実は最近、在宅ワークの種類が増えすぎていて何をすれば良いか分からない、多すぎて迷うといった事も多いんです。

そこで今回は、これまで自分が取り組んだ何種類もの在宅ワークの中から最もおすすめなものを10種類まで絞り、ランキングで紹介していきます。

「ちゃんとした企業が運営してる安心の在宅ワークを知りたい」

「パソコンスキルがなくてもスマホで手軽にできる在宅ワークがいい」

「最新の在宅ワークを知りたい」

最新の在宅ワーク事情や在宅ワークの特徴やポイントを踏まえて、2019年おすすめの在宅ワークをランキング形式でお伝えしていきますので是非参考にしてみてくださいね。

⇒今すぐランキング見る

在宅ワークを「スマホ」でやりたい方へのすすめ

最新の在宅ワークはスマホで簡単にできるのが特徴

在宅ワークをしたいと思ったら最低でもスマホを持つようにしましょう。

現在ある多くのサービスは「スマホでどこでも簡単にできる」サービスが多くなってきており、アンケートに答えるだけの在宅ワークや、体験談や口コミを投稿するだけの在宅ワークなどに取り組む人のほとんどはスマホで収入を得ています。

それだけでも月数万円の収入に繋がる在宅ワークがいくつもあるんです。

ほぼ全てのサイトがスマホに対応、パソコンとの境が少ない

在宅ワークに取り組むのであれば、スマホとパソコンがあれば万全です。

スマホは手軽にできる、パソコンは少し本格的な在宅ワークができるというように、取り組む内容によって分かれていると考えて問題ないでしょう。

スマホとパソコンで在宅ワークを比較した時に、収益や取組みやすさ等の境目はありません。

もちろん、どちらかだけしかない場合でも在宅ワークは種類が多いのでほとんど問題ありません。

休日以外にも通勤や休憩中に取り組める

サラリーマンやフリーターなど、”本業がある人でも取り組める”のが在宅ワークのおすすめポイントです。

通勤や通学、お昼の休憩中などにも取り組むことができるので、副業としても注目されています。

在宅ワークの選び方とポイント

実際に在宅ワークにはいくつも種類があり、迷ってしまうことがあります。

直感で決めてしまうと続かなかったりすることもあるので注意が必要です。

そこで、今回は在宅ワークに成功している方の中から実際に多かった意見を基に、5つのポイントにまとめてみましたので参考にしてみてください。

【選び方①】目的の収入金額を明確にする

1つ目のポイントは在宅ワークで得たい収入金額を決めることです。

予め金額を決めておかないと取り組んでいくうちに、その時の収入金額とその進行速度が遅かった時に不満を持つようになり、続けにくくなります。

効率よく続けるためにも目的の金額を決め、特に「いくら貯めたい(稼ぎたい)か」よりも「毎月いくらくらいあれば良いか」を焦点に考えてみることでスムーズにいくでしょう。

【選び方②】続けられるかどうかを考える

在宅ワークを行うほとんどの人は途中で断念してしまいます。

断念する理由は様々ありますが、その多くは在宅という環境で仕事することへの“気のゆるみ”です。

気のゆるみを作らないためには、仕事部屋の確保も1つに大事なことですが、それよりも大切なのは続けられるかどうかをイメージしてみることです。

自分に合っている在宅ワークと、在宅の環境に合った続けられる仕事を選ぶようにしましょう。

【選び方③】1日のスケジュールを出してみる

在宅ワークを選ぶ前に、まず現在の1日のスケジュールを出してみましょう。

スケジュールを出すことで1日で在宅ワークに取り組める時間、時間帯が分かります。在宅ワークの中でも必要時間や時間帯などがあるものもあるため、選ぶ際に1つの基準になります。

【選び方④】環境が整っているかを確認する

在宅ワークに取り組んでいる方のほとんどがネットを利用した環境の中で在宅ワークの仕事を選んでいます。

そのため、仕事ができる環境にはパソコン、スマートフォン、ネット環境のほか、クライアントのいる在宅ワークの場合にはメッセンジャー等のサイト登録も整えておくと良いでしょう。

【選び方⑤】初めてなら初回の在宅ワークは1つに絞らないこと

在宅ワークを初めて取り組むのであれば“1つには絞らないこと”です。

これは実際に取り組んでみて合う合わないが出てくるため、どれだけ自分に合っていると思って始めてみても実際には違ったというのが、多くの人が持っていた意見です。

そのため、まずはいくつもサービス登録しておいて同時進行で進めていき、合うものを選ぶと良いでしょう。

在宅ワークは「データ入力」のスキルがもとめられることが多い

在宅ワークの仕事で体を動かすことはほとんどありません。その分、パソコンやスマホを使った仕事内容が多く、主に「データ入力」が中心です。

そのため、パソコンやスマホでデータ入力をする仕事が多いので、ある程度は操作に慣れている必要があります。エクセルやワード、メールやメッセンジャーで文章が入力できるレベルスキルは最低限身に付けておきましょう。

在宅ワークのメリットデメリット

在宅ワークにはメリット(良いところ)とデメリット(悪いところ)があります。

それぞれのポイントに合わせて自分に合っているか確認してみましょう。

メリット

  • どこでも好きな時に取り組める
  • 自分の好きな仕事に取り組める
  • スケジュールに合わせられる

在宅ワークはアルバイトや短期バイトなどと違い、時間の縛りもなければシフト提出もありません。

なので、時間の融通が利きます。

いつでもどこでも自分の好きな時間に仕事に取り組むことがメリットです。

デメリット

  • 継続できないことが多い
  • 毎月の収入が安定しにくい

メリットがある一方で、在宅ワークとなると誰からも監視されないため、”気持ちの緩み”が出てしまい続けることができないことがデメリットの1つです。

集中する時間と休憩する時間をしっかり分けて取り組むようにしましょう。

在宅ワークにおける勤務時間・給料・報酬支払までの仕組み

在宅ワークの場合、どのような勤務体系になっていてどのように支払されるのか気になるところですよね。

「勤務」という呼び方というのもまた違うかもしれませんので悪しからず。

実際に在宅ワークの種類によってそのパターンは様々ですが、支払までの仕組みを理解していないと得られるものも得られません。

ここでは勤務時間や給料、支払までの疑問点を解決していきましょう。

給料(報酬)支払は主に2種類

在宅ワークの給料には主に2種類あると考えて良いでしょう。

銀行振込

1つ目は「銀行口座への振込」です。

これが最も一般的で取組んだ成果数に応じて相応の給料が振り込まれます。

ポイント交換

2つ目は「収入がポイント化されて付与する」タイプです。

成果数毎にポイントが付与されていき、一定数になると換金したり商品交換ができるようになります。

勤務時間は基本的にない

在宅ワークの勤務時間は取り組む内容によって様々です。

一部に時間帯で費用を支払う在宅ワークもありますが、一般的に成果物に応じることがほとんどなので、結果的に勤務時間が何時間だったか分かることもありますが、取り組む前の段階では一概に勤務時間を抽出するのは難しいのです。

所用時間別で見る在宅ワークの種類

おおよそですが在宅ワークでかかる時間を種類、ジャンル別で見てみます。

種類 時間(1日あたり)
内職全般 1時間
ハンドメイド 6時間
アンケート 30分
転売(せどり) 2時間
動画配信 6時間
ライブチャット 10分〜
ブログ 1時間
サイト運営 6時間
ライティング 3時間

※経験者が取り組んだ時間の数値を基準とした場合

在宅ワーク未経験や初心者ならまずは求人サイトで検索すべき

初心者や未経験者が何も分からないまま取り組んでしまうと、在宅ワークの勤務条件や報酬の相場などが分からずスムーズに進まない可能性があります。在宅ワークをしたことがない方ならまずは、求人サイトで「在宅」と検索してみてください。

バイトルやタウンワークなどの求人サイトで調べていくと在宅ワークの求人情報の条件が記載されています。

主な在宅ワークの種類
・シール貼り
・ダンボール組み立て
・値札貼付け
・袋詰め
・パズル代行
・プラモデル作成代行
・その他※上記のキーワードで検索してみるのも有効です

その中で条件が自分に合っていればそのまま取り組んでいくのもアリですし、もし自分の中で「コレ!」というものが決まっているのであれば、下記ランキングを参考に取り組んでみてくださいね。

おすすめの在宅ワークランキングBEST10

10位 アンケートモニター

アンケートモニターのポイント

在宅ワークの1つとして最も定番の在宅ワークがアンケートモニターです。

アンケートモニターというのは、アンケートに答えるだけでポイントがもらえるので、そのポイントを換金することで収入に繋がります。

アンケートの内容も難しくなく、自分の思うままに回答するだけで良いのため、初心者や未経験者でも簡単に取り組むことができます。

そんなアンケートモニターサイトを選ぶなら業界最大手の「マクロミル」がおすすめです。

他のアンケートモニターサイトと比べてアンケート数が多く、テレビに関するアンケートや好きな食べ物などの簡単なものが多いので、アンケートモニターを始めるなら1番おすすめです。

マクロミルの特徴

  • 業界最大手のアンケート数
  • サンプルモニターや座談会あり
  • 空き時間に気軽にできる

アンケートモニターの平均収入金額

初心者 500円〜1万円
経験者 10万〜100万円

アンケートモニターに必要な時間

所要時間(1日の目安) 30分〜1時間

アンケートモニターの評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒マクロミル公式サイトへ行く

9位 内職探し

内職探しのポイント

在宅ワークをそのまま求人サイトで探してみるということも1つの方法です。

普通に「内職」「在宅」で調べてみるのも良いですが、内容や業種名のキーワードをそのまま検索してみると見つかることも多くあります(シール貼り、DM封入など)

応募する手間がかかるものの、案件があれば成果保証として取り組むことができますし、選ぶのが手間と考えている方には特に向いています。

そもそも内職の求人情報は多くはありません。なので、あればラッキーレベルで考えておくと良いと思います。求人サイトをいくつも試してみましたが、その中で唯一求人の頻度が多かった「バイトル」がおすすめです。

在宅ワーク自体、いくら稼げるか分からない未知な部分も多いので、もし見つからない場合には「バイトル」で定期的に探してみるのもアリでしょう。

バイトルの特徴

  • 内職系案件が多い(不定期で募集されることが多い)
  • 全国エリア対応
  • 無料で簡単に探せる

内職の平均収入金額

初心者 1件100円〜600円
経験者 1件1000〜2000円

内職に必要な時間

所要時間(1日の目安) ※仕事内容による

内職の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒バイトル公式サイトを見てみる

8位 ハンドメイド

ハンドメイドのポイント

TV番組や雑誌で紹介されるなど人気が高まりつつある在宅ワークになっているのでハンドメイドです。

世界にたったひとつの商品を作ることで、それを欲しい方に売って収入を得ることができます。

特に、最新の方法として、売るための市場が多く存在しており、オークションやフリーマーケットといった便利なツールが出ているので、初めてでも売りやすくなってきています。

その中で売れるようになるためのポイントは、「世の中に出ていないアイデア商品を作る」「デザイン性のすぐれた雑貨を作る」ことです。

一度、オークションやフリーマーケットのネットサービスで「ハンドメイド」と検索してみて、出てきた商品や売れている商品を調べます。

自分自身で作れるものを手掛けるのも良いですし、売れる商品にアイデアを加えてみるのもアリでしょう。

そんな自分が作ったハンドメイド作品を売るならミンネがおすすめです。

ハンドメイドの平均収入金額

初心者 500円〜1万円
経験者 10万〜100万円

ハンドメイドに必要な時間

所要時間(1日の目安) 1時間〜

ハンドメイドの評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒ミンネ公式サイトへ行く

7位 転売(せどり)

転売(せどり)のポイント

転売で稼ぐためにはまず、家にある物が売れるかどうか確かめてみることです。

売れるかどうかを確かめるにはジモティーやヤフオク、それ以外には実際に「(売りたいものの名前)+売る」や「(売りたいものの名前)+転売」で調べてみると良いでしょう。

とここまでは普通のやり方ですが、最新の転売市場の傾向としては、定番の本やゲームソフト以外にも「コケ」や「ぬいるぐみ」なども売れたりするので、とにかく調べてみましょう。

転売する方法としては、実際にフリマサイトやオークションを利用することも手軽な点でおすすめですが、本格的に転売を始めるなら「BASE」を利用するのが1番おすすめです。

最近では転売(せどり)する人のことをセドリストとも言いますが、このセドリストは個人以外にも企業が参入してきておりかなり厳しくなってきています。そのため、本格的に取り組むならBASEで自分のオリジナルショップを持つことです。

無料でオリジナルショップを持つことができるうえ、無料でも便利なツールが使えるので独自のツールが作れます。

BASEの特徴

※香取慎吾さんがCMをしている事でも有名なサービスです

  • ショップが簡単無料で作れる
  • Instagramに対応
  • ショップ決済機能も使える

転売(せどり)の平均収入金額

初心者 500円〜1万円
経験者 10万〜100万円

転売(せどり)に必要な時間

所要時間(1日の目安) 1時間〜

転売(せどり)の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒BASEの公式サイトへ行く

6位 動画配信

動画配信のポイント

最新の在宅ワークの中でも動画配信は注目の1つです。

稼げる金額には幅がありますが、月間5000円〜100万円と広く、初心者でもちょっとしたアイデアで大きな収益が狙えます。

例えば、「子供におもちゃを渡した時の動画」や「1つ1つの料理を配信している動画」などが少し前に流行りましたが、最新の流行ではASMRと呼ばれる音のみの動画で3000万円以上を稼いだ事例もあります。

難点は動画配信するための「動画を作れるかどうか」です。つまり、編集作業ですね。

これはネットに慣れていないと難しいですが、もし動画作成が初めてなら「GOM mix Pro」がおすすめ。初めてでもクリックだけで簡単に扱えるので、動画投稿までがスムーズです。

動画編集スキルを身につけるだけでも仕事の幅が広がるのでおすすめです。

GOMmixPROの特徴

  • 初心者でも簡単に作れる仕様
  • 編集機能が豊富で使いやすい
  • 最短10分で動画が作れる
  • 無料で試せるので安心

動画配信の平均収入金額

初心者 500円〜30万円
経験者 100万〜1000万円

動画配信に必要な時間

所要時間(1日の目安) 30分〜3時間

動画配信の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒GOMmixPRO公式サイトへ行く

5位 ライブ配信

ライブ配信のポイント

編集した動画を投稿して収入を得る動画配信とは異なり、リアルタイムに配信を行うのがライブ配信です。

編集の手間がかからず、また、いつでも好きな時に話すだけで収入が得られることで注目されています。

特に最近ではツイキャスやニコニコ生放送の動画配信の人気を境に、ライブ配信に注目が集まっており、暇な時に家でネットカメラを通じておしゃべりをするだけで収入を得ている人がかなり増えてきています。

Youtubeの場合は、収入源となる広告を配信するのに一定数のチャンネル登録数が必要だったり、他ライブ配信だと収入を得る機会がなく、また投げ銭機能※ではほとんど稼ぐことはできません。

※視聴者がアイテムを投げ、そのアイテムを換金や商品交換に使える機能

その中でも動画編集に時間をかけたくないという方がライブ配信をしている傾向があります。

綺麗な人や若い人しかできないという訳でもないのがライブ配信の特徴で、アイデア1つで収入を得ることは可能。例えば、新商品を一緒に使ってみたり、テレビでは伝わりにくいニオイのあるものや感触のあるもの(手に取らないと分からないもの)はヒットしやすい傾向にあります。

経験した中で感じた最も大切なことはコンテンツを継続させることです。テレビ番組のように定期的に配信することでリピート客も付きやすくなり、安定した収益に繋がっていきます。

ライブ配信サイトで1番のおすすめはDMMが運営する「FANZA」です。一定の時給保証があるうえ、家でできない場合でも全国にライブ配信専用ルームがあるため、非常に便利です。

FANZAライブチャットの特徴

  • ノンアダルト対応
  • 初心者でも簡単に取組める
  • 元DMM運営で安心

ライブ配信の平均収入金額

初心者 5000円〜1万円
経験者 30万〜80万円

ライブ配信に必要な時間

所要時間(1日の目安) 配信内容による

ライブ配信の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒FANZA公式サイトへ行く

4位 ブログ作成/運営

ブログ作成のポイント

ブログを書きながら収入を得ている人のことをブロガーと呼んだりします。

このブロガーで稼げる収入は月1000〜50万円までと幅広く、その違いは、読者を惹き付けられるコンテンツが書けるかどうかです。

日記のように毎日書くだけなら簡単にできますが、何かを売るために必要なコンテンツも書かなければいけないため、例えば「化粧品を試してみた」などの記事を写真付のレビュー形式で紹介しながら書くこともポイントになります。

そのためにはまずは、記事を書いて自分がどのような人かを伝える必要があるので、とにかく記事を書き続けることが1番のポイントです。

そして、記事を書き続けて収入を得る為には、広告が掲載できるかどうか、スマホやアプリ対応かどうか、サービスを選ぶ必要も出てきます。

ブログ提供サービスの中では広告掲載も可能でアプリやスマホからでも簡単に投稿できる「Seesaaブログ」が使いやすくおすすめです。

Seesaabのブログ特徴

  • アプリ対応なのでどこでも投稿できる
  • 投稿した記事に広告掲載が可能
  • 無料で簡単に始められる

ブログ作成の平均収入金額

初心者 0円 〜 10万円
経験者 10万 〜 50万円

ブログ作成に必要な時間

所要時間(1日の目安) 1時間〜

ブログ作成の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒公式サイトへ行く

3位 サイト作成/運営

サイト作成のポイント

サイト運営の場合は、ブログと違って少しハードルが高くなります。ですが、サイトが軌道にのれば収入金額は大きく安定する可能性があり、おすすめの在宅ワークの1つです。

細かいことを書くとなると長文になるため割愛しますが、ランキングでおすすめする理由は以下の3つです。

「好きなことで収入を得られる」

「安定した収入金額を得られる可能性が高い」

「パソコンスキルが身に付く」

はっきりお伝えすると、サイトを作ったからといって翌日に収入が入る分けではありません。

しばらくコンテンツを入れ続け、広告掲載を行なうことでようやく収入を得られるきっかけが作れます。

あえて”きっかけ”という言葉を使っていますが、これは自分自身が満足できる収入に繋がるまで時間が不確定なのでこう呼ばせて頂きます。

サイト運営に興味を持った場合、ポイントは「3ヶ月〜1年間は無収入でも取り組める」ことだと思います。継続的に続けられて、勉強熱心な人、パソコン作業が好きでインターネットのスキルを高めたい人に向いています。

サイト作成の平均収入金額

初心者 0円 〜 10万円
経験者 30万 〜 100万円

サイト作成に必要な時間

所要時間(1日の目安) 24時間〜

サイト作成の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

2位 投資

投資のポイント

「これは在宅ワークじゃない」と思う人もいるかもしれませんが、投資も立派な在宅ワークになり得ます。

ただ、初めはお金が必要になりますので投資をしたい方でも「投資するためのお金がない人」には向いていません。なので、この内容はスルーしてください。

投資には、株式投資やFX、金、企業などへ投資するクラウドファンディングなどがありますが、ここで紹介するのは「ロボアドバイザー投資」です。

ロボアドバイザー投資というのは、人口知能いわゆるAIが投資する方法で、証券会社などの人間が投資する方法とは少し違います。

過去の豊富なデータから傾向を読み取りながら投資するので、人間以上に知識が豊富です。そのロボアドバイザーには投資ジャンルがいくつか分かれており、知識がなくできるので手離れが良いことが1つのポイントです。

お金はあるけど、負担を少なく手離れの良い在宅ワークを選ぶならロボアドバイザー投資は良い方法の1つです。

そんなロボアドバイザーを選ぶならNTTドコモの「THEO」がおすすめ。

初心者でも分かりやすい説明があるので、理解しながら始めることができます。

THEOの特徴

  • NTTドコモの運営だから安心
  • 無料診断ができるので自分に合っているかどうか事前に分かる

投資の平均収入金額

初心者 0円 〜 10万円
経験者 30万 〜 100万円

投資に必要な時間

所要時間(1日の目安) なし

投資の評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒THEO公式サイトへ行く

1位 WEBライティング

WEBライティングのポイント

2019年の在宅ワークで最もおすすめなのがWebライティングです。

世の中はネットニュースやアプリコンテンツが圧倒的に増えてきており、文字に触れる機会、文字で伝えられる機会も非常に多くなってきています。

このような時代を背景に増えてきているのが、Webライティング案件の数です。

在宅ワークでライターをされている方のほとんどが1ヶ月のスケジュールを全て埋め尽くすほど案件数が豊富であり、フリーランスや独立まで進む方が多くなっているのが現実です。

ライティングに自信のある方はもちろん、初心者や未経験の方でもテストライティングから取り組めるのでまずは試してみるべきでしょう。

そんなライティングの在宅ワークをするなら「クラウドワークス」が圧倒的におすすめです。

クラウドワークスの特徴

  • 業界最大級の案件数
  • スマホでできる案件が多い
  • 上場企業だから安心

WEBライティングの平均収入金額

初心者 500円 〜 1万円
経験者 10万 〜 100万円

WEBライティングに必要な時間

所要時間(1日の目安) 3時間〜

WEBライティングの評価

スマホ対応 やりやすさ
取組みやすさ 収入金額

⇒クラウドワークス公式サイトへ行く

2019年のおすすめ在宅ワークまとめ

ここまで2019年のおすすめ在宅ワークを紹介してきました。

おさらいですが、在宅ワークを選ぶ際で大切なことは自分の環境に合った在宅ワークを選ぶことです。体力的、金銭的に負担のかかるような無理して行なう在宅ワークは選ばないようにしましょう。

今回紹介した在宅ワークはいずれも取り組んでいる方の多い内容をまとめています。

簡単に無料でできるものが中心となっているので、自分に適した在宅ワークがあれば是非実践してみてください。無理なくできる在宅ワークで家で楽しみながら稼ぎましょう!

1位のサービスで無料登録してみる